HOME > 業績

業績

受賞

2019
  • 第21回日本褥瘡学会学術集会 最優秀演題賞(2019年8月)
    前田智徳, 玉井奈緒, 峰松健夫, 野口博史, 仲上豪二朗, 藪中幸一, 真田弘美. 車いすバスケットボールアスリートにおける競技時殿部圧力と褥瘡との関係. 日本褥瘡学会誌. 2019;21(3):309.
  • 看護理工学会 学会賞(2019年6月)
    Matsumoto M, Yabunaka K, Yoshida M, Nakagami G, Sanada H. Validity assessment of two bladder volume estimation methods using hand-held ultrasonography devices: verification with a small amount of bladder urine(携帯型超音波検査装置を用いた2種類の膀胱内尿量推定方法の妥当性評価:少ない膀胱内尿量での検証). 看護理工学会誌,Vol. 6, No. 1,2019: 22-32.

論文

英語論文

2019
2018
  • Yoshida M, Matsunaga A, Igawa Y, Fujimura T, Shinoda Y, Aizawa N, Sato Y, Kume H, Homma Y, Haga N, Sanada H. May perioperative ultrasound-guided pelvic floor muscle training promote early recovery of urinary continence after robot-assisted radical prostatectomy? Neurourology and Urodynamics. 2019;38(1):158-64.
  • Yoshida M, Igawa Y, Higashimura S, Suzuki M, Sanada H. Effectiveness of a hydrophilic-coated compact catheter in preventing urinary tract infections and improving quality of life in female patients managed with clean intermittent self-catheterization: A prospective multicenter randomized parallel comparative trial. Japanese Journal of Wound, Ostomy and Continence Management. 2018;22(4):335-344.
  • Yabunaka K, Nakagami G, Tabata K, Sugama J, Matsumoto M, Iuchi T, Kido Y, Sanada H. Constipation in the elderly in a Japanese long-term medical facility: An ultrasonographic investigation. Drug Discoveries and Therapeutics. 2018;12(4):233-8.
  • Matsumoto M, Tanaka S, Yabunaka K, Yoshida M, Miura Y, Tsutaoka T, Handa M, Nakagami G, Sugama J, Okada S, Sanada H. Ultrasonographic evaluation of functional constipation in healthy adults: A report of two cases. Drug Discoveries and Therapeutics. 2018;12(5):304-8.
  • Kimori K, Konya C, Matsumoto M, Venipuncture-Induced Hematomas Alter Skin Barrier Function in the Elderly Patients. SAGE Open Nursing. 2018;4:1-8.
  • Tanaka S, Yabunaka K, Matsumoto M, Tamai N, Noguchi H, Yoshida M, Nakagami G, Sugama J, Sanada H. Fecal distribution changes using colorectal ultrasonography in older people with physical and cognitive impairment at long-term care facilities: A longitudinal observational study. Healthcare, 2018; 6(2): 55.
  • Yabunaka K, Matsumoto M, Yoshida M, Tanaka S, Miura Y, Tsutaoka T, H, a M, Nakagami G, Sugama J, Sanada H. Assessment of rectal feces storage condition by a point-of-care pocket-size ultrasound device for healthy adult subjects: a preliminary study. Drug Discoveries and Therapeutics. 2018;12(1):42-46.
  • Miura Y, Nakagami G, Yabunaka K, Tohara H, Noguchi H, Mori T, Sanada H. A Randomized Controlled Trial to Investigate the Effectiveness of the Prevention of Aspiration Pneumonia Using Recommendations for Swallowing Care Guided by Ultrasound Examination. Healthcare 2018, 6(1), 15; doi: 10.3390/healthcare6010015
  • Komagata K, Yabunaka K, Nakagami G, Ikeda M, Takehara K, Takemura Y, Sanada H. Confirming the placement of nasogastric tubes by hand-carried ultrasonography device. Journal of Nursing Science and Engineering. 2018; 5 (1): 52-57
  • Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Urai T, Yokogawa M, Tawara M, Kobayashi M, Minematsu T, Sanada H, Sugama J. Changes in dermal structure and skin oxidative stress in overweight and obese Japanese males after weight loss: a longitudinal observation study. Skin Research and Technology. 2018 Jan 27. doi: 10.1111/srt.12443. [Epub ahead of print]
  • Matsumoto M, Ogai K, Ohashi R, Tanaka K, Aoki M, Kobayashi M, Sugama J. Influences of different methods of cleaning agent removal on the effectiveness of skin dirt removal. Journal of Nursing Science and Engineering. 2018 Jan;5(1):22-30.
  • Ogai K, Matsumoto M, Dai M, Aoki M, Kobayashi M, Maeba H, Uchide K, Sugama J. Comparative study on high-frequency ultrasonography and histological structure of the skin: Relationship between collagen/elastin content and echogenicity, Journal of Nursing Science and Engineering, 2018 Jan;5(1):65-73.
2017

和文論文

2018
2017
  • 浦井珠江,松本勝,井内映美,小林正和,西村誠次,須釜淳子. エアマットレス使用時の枕のあて方が上肢・胸部の筋の硬さと自覚症状に及ぼす影響. Journal of Wellness and Health Care. 2017:42(2): 151-158
  • 正源寺美穂, 池永康規, 小西あけみ, 湯野智香子, 中田晴美, 新多寿, 西野昭夫, 吉田美香子. 脳卒中患者に対する急性期病院から回復期リハビリテーション病棟への継続的排尿自立支援の効果. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.21(4):304-312, 2017
  • 青木未来, 光村実香, 松本勝, 須釜淳子. (2017) : ウォーキング教室を介した地域密着型健康増進活動の取り組み- 活動の振り返りと今後の支援の在り方-, 看護実践学会誌, 30(1): 56-65.

学会発表

2019
  • 真田弘美, 峰松健夫, 玉井奈緒, 野口博史, 仲上豪二朗. パラリンピックシンポジウム:東京大学スポーツ先端科学研究拠点(創傷看護学分野)における車いすアスリートへの褥瘡予防の取り組み. 第21回日本褥瘡学会学術集会抄録集. 277.(第21回日本褥瘡学会学術集会 国立京都国際会館 会期:2019.8.23~8.24 発表:2019.8.23)
  • 前田智徳, 玉井奈緒, 峰松健夫, 野口博史, 仲上豪二朗, 藪中幸一, 真田弘美. 車いすバスケットボールアスリートにおける競技時殿部圧力と褥瘡との関係. 第21回日本褥瘡学会学術集会抄録集. 309. (第21回日本褥瘡学会学術集会 国立京都国際会館 会期:2019.8.23~8.24 発表:2019.8.23)
  • 松本勝. ランチョンセミナー6 病院が変わる!看護が変わる!第6のフィジカルアセスメント―可視化―. 第23回日本看護管理学会学術集会プログラム・抄録集.p.LS6-1. (第23回日本看護管理学会学術集会 朱鷺メッセ 会期:2019.8.23~8.24 発表:2019.8.24)
  • 桑田美代子, 高橋聡明, 伴英美子, 氏原千寿子, 玉井奈緒, 野口博史, 森武俊, 真田弘美. 長期療養病床における褥瘡及びKennedy Terminal Ulcerの発生頻度. 10721-24-04.(第23回看護管理学会学術集会 朱鷺メッセ 会期:2019.8.23~8.24 発表:2019.8.23)
  • 松本勝, 真田弘美. エコーによる膀胱内尿量計測に関する教育プログラムの開発と看護系教員を対象とした評価. p.139(日本看護学教育学会第29回学術集会 京都国際会館 会期:2019.8.3〜8.4 発表:2019.8.4)
  • 吉田美香子, 三浦由佳, 松本勝, 藪中幸一, 仲上豪二朗, 才藤栄一, 加賀谷斉, 鎌倉やよい, 岡田晋吾, 真田弘美. ランチョンセミナー24-1 在宅でのリハビリテーション医療における超音波画像の貢献:摂食嚥下リハビリテーション. 第56回日本リハビリテーション医学会プログラム・抄録集.p.S567. (第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 神戸コンベンションセンター 会期:2019.6.12~6.16 発表:2019.6.16)
  • 松本勝, 吉田美香子, 藪中幸一, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 大滝純司, 山田雅子, 岡田晋吾, 太田秀樹, 真田弘美. ランチョンセミナー24-2 在宅でのリハビリテーション医療における超音波画像の貢献:エコーを用いた大腸の観察による機能性便秘の評価. 第56回日本リハビリテーション医学会プログラム・抄録集.p.S568. (第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 神戸コンベンションセンター 会期:2019.6.12~6.16 発表:2019.6.16)
  • 玉井奈緒. ランチョンセミナーⅠ 乳がん患者ウィッグ使用におけるQOL向上. 第7回看護理工学会学術集会プログラム・抄録集. 65. (第7回看護理工学会学術集会, 沖縄コンベンションセンター 会期:2019.6.6~6.8 発表:2019.6.7)
  • 三浦由佳, 大貝和裕, 田端恵子, 須釜淳子, 真田弘美. 高齢臥床患者の臥床時の咳嗽音の波形の特徴と肺炎既往との関連. 第7回看護理工学会学術集会プログラム・抄録集. 45. (第7回看護理工学会学術集会, 沖縄コンベンションセンター 会期:2019.6.6~6.8 発表:2019.6.7)
  • 玉井奈緒, 前田智徳, 峰松健夫, 松本勝, 真田弘美. 車いすバスケットボール選手における深部組織損傷の非侵襲的アセスメント方法の検討. 第7回看護理工学会学術集会プログラム・抄録集. 52 (第7回看護理工学会学術集会, 沖縄コンベンションセンター 会期:2019.6.6~6.8 発表:2019.6.7)
  • Matsumoto M, Yoshida M, Yabunaka K, Nakagami G, Miura Y, Fujimaki S, Okawa Y, Sugama J, Okada S, Ohta H, Sanada H. Safety and efficacy of a defecation care algorithm based on ultrasonographic bowel observation in Japanese home-care settings: a single-case, multiple-baseline study. Abstract from the 31st European Congress of Ultrasound, 9. (The 31st European Congress of Ultrasound, Granada, Spain May)
  • Miura Y, Hase T, Matsumoto N, Yabunaka K, Karube M, Tsutaoka T, Yoshida M, Matsumoto M, Nakagami G, Kamakura Y, Sugama J, Sanada H. Detecting pharyngeal residue in the pyriform sinus and epiglottic vallecula by ultrasonography. Abstract from the 31st European Congress of Ultrasound, 110. (The 31st European Congress of Ultrasound, Granada, Spain May)
  • 松本 勝, 藪中 幸一, 吉田 美香子, 仲上 豪二朗, 三浦 由佳, 大川 洋平, 須釜 淳子, 真田 弘美. 携帯型超音波検査装置を使用した大腸便貯留の評価に基づく排便ケアにより便秘症状が改善した在宅高齢患者の一例. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌23(2) 第28回学術集会抄録集, 215, 2019. (第28回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 奈良, 5月)
2018
  • Tamai N, Maeda T, Minematsu T, Noguchi H, Nakagami G, Yabunaka K, Sanada H. Effect of cushions for usual/sports wheelchair on elite Japanese male wheelchair basketball athletes. Abstract from the 20th Annual Meeting of the European Pressure Ulcer Advisory Panel, 53. (The 20th Annual Meeting of the European Pressure Ulcer Advisory Panel, Rome, Italy, September)
  • Minematsu T, Tamai N, Maeda T, Tsunokuni S, Nakagami G, Yabunaka K, Noguchi H, Sanada H. Skin blotting analysis of interleukin 6 on the buttock of wheelchair basketball players. Abstract from the 20th Annual Meeting of the European Pressure Ulcer Advisory Panel, 64. (The 20th Annual Meeting of the European Pressure Ulcer Advisory Panel, Rome, Italy, September)
  • Yoshida M, Matsunaga A, Sato Y, Fujimura T, Kamei J, Watanabe D, Aizawa N, Shinoda Y, Haga N, Kume H, Igawa Y, Sanada H. Preoperative ultrasound-guided pelvic floor muscle training facilitates continence recovery in the early phase after robot assisted radical prostatectomy. Abstract#110 (International Continence Society 2018, Philadelphia, USA, 28-31, August).
  • 吉田美香子、真田弘美.パネルディスカッション「排尿自立支援のいまとこれから~排尿自立指導料保険収載3年目を迎えて~」排尿自立指導料により、看護師の排尿ケアはどう変わり、今後どう変わるべきなのか? 第20回日本女性骨盤底医学会 プログラム・抄録集, 33, 2018.(第20回日本女性骨盤底医学会, 東京, 2018.7.21-22)
  • Kitamura A, Yoshimura M, Nakagami G, Yabuanaka K, Sanada H. Changes of ultrasonographic images of muscle caused by pressure ulcer occurrence. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy and Continence Management, 22(2),165, 2018. (The 27th Japanese Society of Wound, Ostomy and Continence Management, Sapporo, May)
  • Nakai A, Minematsu T, Tamai N, Sugama J, Yabunaka K, Urai T, Tabata K, Sanada H. Prediction of healing in Category I pressure ulcers by skin blotting with a lymphangiogenesis marker, vascular endothelial growth factor C: A pilot study. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy and Continence Management, 22(2),168, 2018. (The 27th Japanese Society of Wound, Ostomy and Continence Management, Sapporo, May)
  • 前田 智徳, 玉井 奈緒, 峰松 健夫, 仲上 豪二朗, 藪中 幸一, 野口 博史, 真田 弘美. バスケットボールアスリートにおける皮膚変化の実態. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌22(2) 第27回学術集会抄録集, 177, 2018.(第27回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 札幌, 5月)
  • Yabunaka K, Nakagami G, Akamata K, Sasaki S, Hayashi C, Yoshida M, Matsumoto M, Sanada H. Ultrasonographic Visualization of Deep Tissue Injury Development during Surgery: Two Case Reports. Abstract#67 (13th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology 2018, Seoul Korea, 23-26, May).
  • Yoshida M, Sanada H. Urology nursing in Japan. Where are we now? Nursing Program. Current update in urological care. Program book p.47 (16th Urological Association of Asia congress, Kyoto, Japan 17-21 April)
  • 吉田美香子,松永明子,井川靖彦,真田弘美.骨盤底筋トレーニングセミナー 男性における超音波を利用した骨盤底リハビリテーション.第31回日本老年泌尿器科学会 プログラム・抄録集, 63, 2018.(第31回日本老年泌尿器科学会, 福井, 5月11-12日)
  • 吉田美香子.ランチョンセミナー2 フレイル予防のための尿失禁ケア:前立腺全摘除術後の尿失禁を題材に.第31回日本老年泌尿器科学会 プログラム・抄録集, 68, 2018.(第31回日本老年泌尿器科学会, 福井, 5月11-12日)
  • 吉田美香子,三浦由佳,藪中幸一,松本勝,真田弘美.スポンサードシンポジウム3【オーラルフレイル:高齢者の食を最期まで守る】 看護師によるエコーを用いた嚥下観察により,食を最期まで守る~キーワードは,在宅での普段の食事と非侵襲な観察技術~.第2回日本老年薬学会学術集会抄録集(第2回日本老年薬学会学術集会, 東京, 5月12-13日)
  • 田中 志保, 藪中 幸一, 松本 勝, 玉井 奈緒, 野口 博史, 吉田 美香子, 仲上 豪二朗, 真田 弘美. 理事会企画1:日本創傷・オストミー・失禁管理学会研究助成採択演題 認知機能や身体機能の低下した高齢者に対するエコーを用いた糞便分布の実態調査. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌22(2) 第27回学術集会抄録集, 132, 2018.(第27回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 札幌, 5月)
  • 松本勝,藪中幸一,田中志保,吉田美香子,仲上豪二朗,真田弘美. 超音波検査法による高齢者の直腸貯留便の性状評価. 第67回日本老年医学会関東甲信越地方会プログラム, 31, O-28, 2018. (第67回日本老年医学会関東甲信越地方会, 東京, 2018.3.3)
2017
  • 武山雅志,岩脇陽子,北岡和代,室田昌子,表志津子,松本勝,丸岡直子. 看護学生のコミュニケーション・スキルの変化. 第37回日本看護科学学会学術集会抄録集, 181-182, O-07-3, 2017. (第37回日本看護科学学会学術集会, 宮城, 2017.12.16-17)
  • 松本勝,藪中幸一,吉田美香子,真田弘美. 2種類の膀胱計測方法を用いた携帯型超音波検査装置による膀胱内尿量測定の妥当性評価. 第37回日本看護科学学会学術集会抄録集, 209-210,O-13-2, 2017. (第37回日本看護科学学会学術集会, 宮城, 2017.12.16-17)
  • 藪中 幸一. シンポジウム 2「包括的創傷アセスメント -経験則による創管理からの脱却-」エコーを用いた褥瘡アセスメント. 第47回日本創傷治癒学会予稿集, 65, ,2017. (第47回日本創傷治癒学会,京都,2017.11.27-28)
  • 藪中幸一. シンポジウム6 これからの看護に活かすイメージングテクノロジー ―超音波検査機器―. ①「イメージング看護学」へのあゆみ. ②看護アセスメントに活かすエコー技術. 第46回日本医療福祉設備学会予稿集, 80, 2017.(第46回日本医療福祉設備学会,東京,2017.11.21-22)
  • 藪中 幸一, 吉田 美香子. ハンズオンセミナー 初めての看護師でも簡単にできる2Dエコーでの膀胱内尿量測定.第5回看護理工学会学術集会抄録集,53,2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • 半田 真弓. オーガナイズドセッション2 タブレット型エコーの排尿自立指導への利用可能性. 第5回看護理工学会学術集会抄録集,45,2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • 蔦岡 拓也. オーガナイズドセッション4 工学研究者による, 画像処理を用いた看護技術への支援. 第5回看護理工学会学術集会抄録集,50,2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • 藪中幸一.オーガナイズドセッション4摂食嚥下の看護技術を可視化する:看護と工学の融合(AMED研究) ここまでできる!エコーを用いたフィジカルアセスメント.第5回看護理工学会学術集会抄録集,50,2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • 吉田美香子.オーガナイズドセッション4摂食嚥下の看護技術を可視化する:看護と工学の融合(AMED研究) エコーを用いた観察用教育プログラム.第5回看護理工学会学術集会抄録集,50,2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • 松本勝, 藪中幸一, 吉田美香子, 半田真弓, 蔦岡拓也, 真田弘美. 3種類の携帯型超音波診断装置における膀胱内尿量測定の妥当性評価と超音波診断装置用ファントムを用いた性能評価. 第5回看護理工学会学術集会抄録集, 103, 2017.(第5回看護理工学会,金沢,石川,2017.10.14-15)
  • Yabunaka K, Nakagami G, Miyagaki T, Sasaki S, Sanada H. Role of color Doppler sonography in the evaluation of pressure ulcers in hypoechoic areas. Abstract#40 (29th EUROSON congress of EFSUMB 2017, Ljubljana Slovenia, 22-24, September).
  • 仲上豪二朗,藪中 幸一,宮垣 朝光,荻島 信也,佐々木早苗,林 千恵子,真田 弘美.ハンディ内視鏡を用いたポケット内部の観察の試み. 第19回日本褥瘡学会学術集会抄録集, 330, 2017.(第19回日本褥瘡学会学術集会, 岩手,9月)
  • 上畑陽子,吉田美香子,峰松健夫,佐藤文,須釜淳子,真田弘美. O-012:超音波検査法を用いて計測した側頭筋厚と栄養状態の関連. (第4回日本褥瘡学会学術集会,盛岡,岩手,9/13−14)
  • 浦井珠恵,松本勝,井内映美,須釜淳子.エアマットレス使用時の枕のあて方が上肢・胸部の筋の硬さと主観に及ぼす影響. 第19回日本褥瘡学会学術集会抄録集, 352 2017.(第19回日本褥瘡学会学術集会, 岩手,9月)
  • Uehata Y, Yoshida M, Sato A, Fujimoto Y, Minematsu T, Sugama J, Sekine R, Kubota N, Sanada H. A change in temporal muscle thickness correlates with past energy adequacy in elderly individuals: a prospective cohort study. MON-LB325. (39th Annual Congress of the European Society of Clinical Nutrition and Metabolism, The Hague, Netherlands, 9/9-12)
  • 三浦由佳,長谷剛志,藪中幸一,吉田美香子,鎌倉やよい,加賀谷斉,真田弘美,須釜淳子. エコーを用いた梨状窩と喉頭蓋谷の嚥下後の残留物の観察方法の開発.第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会プログラム・抄録集,O19-2,2017. (第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,千葉,2017.9.15-16)
  • Yoshida M, Matsunaga A, Fujimura T, Shinoda Y, Niimi A, Kamei J, Aizawa N, Homma Y, Sanada H, Igawa Y. Preoperative ultrasound-guided pelvic floor muscle training promotes early recovery of urinary continence after robot assisted radical prostatectomy. Abstract#215 (International Continence Society 2017, Florence, Italy, 11-15, September).
  • Yabunaka Koichi, Tanabe Hidenori. Ultrasound for the management of peripheral intravenous catheters.(2nd Malaysian Infusion Nurses Special Interest Group (MINSIG) CONGRESS, KUALA LUMPUR. Malaysia, 17-19, Aug) P17.
  • 吉田美香子.スポンサードセミナー1産後の尿もれに関する現状と提案:SS1-2 海外における産後の骨盤底ケアの最新情報.第19回日本女性骨盤底医学会 プログラム・抄録集, 49, 2017(第19回日本女性骨盤底医学会,福井,2017.7.29-30)
  • 吉田美香子.スポンサードセミナー2 POPおよび尿失禁に対する骨盤底筋体操の指導と効果:SS2-3 多職種が協働して行う骨盤底リハビリテーション.第19回日本女性骨盤底医学会 プログラム・抄録集, 55, 2017(第19回日本女性骨盤底医学会,福井,2017.7.29-30)
  • 中田真木,古山将康,古谷健一,清水幸子,井上裕美,吉田美香子,丸本結実,高松潔.O10-3 見えてきたペッサリー管理の課題:骨盤臓器脱の保存的療法に関する実態調査2015-16年度から.第19回日本女性骨盤底医学会 プログラム・抄録集, 55, 2017(第19回日本女性骨盤底医学会,福井,2017.7.29-30)
  • Mori T, Noguchi H, Miyahara M, Araki D, Kobayashi K, Sanada H, Murayama R, Yoshida M, Yamamoto C, Koyanagi H, Ikegawa M. Nurse Call as a Sensor of Ward Status Reflecting Both Nurses' and Patients' Behavior. (39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Jeju Island, Korea, 11-15, July).
  • 藪中幸一, 仲上豪二朗, 北村言, 宮垣朝光, 荻島信也, 佐々木早苗, 林明子, 真田弘美.O-77: ポケットサイズ計測におけるエコー画像と褥瘡ポケット計測器具の比較検討.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌21(2)第26回学術集会抄録集, 204, 2017.(第26回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 千葉, 6月)
  • 吉田美香子,松永明子,藤村哲也,篠田雄介,新美文彩,亀井潤,相澤直樹,本間之夫,井川靖彦,真田弘美.学会助成研究報告:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘出術後の尿禁制回復に対する,超音波画像を用いた術前骨盤底リハビリテーションの有効性検証.第30回日本老年泌尿器科学会 プログラム・抄録集, 73, 2017.(第30回日本老年泌尿器科学会, 東京, 6月)
  • 吉田美香子.シンポジウム3:排尿自立指導~入院患者の初期ケア~.第30回日本老年泌尿器科学会 プログラム・抄録集, 41, 2017.(第30回日本老年泌尿器科学会, 東京, 6月)
  • 吉田美香子.ランチョンセミナー4:ライフステージを通じた女性の下部尿路症状マネジメント.第30回日本老年泌尿器科学会 プログラム・抄録集, 56, 2017.(第30回日本老年泌尿器科学会, 東京, 6月)

雑誌・書籍

2019
  • 三浦由佳, 玉井奈緒, 松本勝, 岡田晋吾, 真田弘美. 第3回 エコーを用いた可視化に基づく訪問看護アセスメント, 誤嚥・残留をアセスメントする①. 在宅新療0-100. 2019;4(7):604-5.
  • 三浦由佳, 玉井奈緒, 松本勝, 岡田晋吾, 真田弘美. 第4回 エコーを用いた可視化に基づく訪問看護アセスメント, 誤嚥・残留をアセスメントする②. 在宅新療0-100. 2019;4(8):704-5.
  • 松本勝, 玉井奈緒, 三浦由佳, 真田弘美. 第2回 エコーを用いた可視化に基づく訪問看護アセスメント, 下部尿路症状をアセスメントする. 在宅新療0-100. 2019;4(6):504-5.
  • 真田弘美. 第6のフィジカルアセスメント―それは可視化:看護師が聴診器のようにエコーを使う(役立つ!使える!看護のエコー. [はじめに]看護師の立場から). 照林社, 2019.
  • 松本勝, 吉田美香子, 藪中幸一. 1_排尿の評価 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 2 療養生活上必要となる症状評価のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 三浦由佳, 吉田美香子, 藪中幸一. 2_嚥下の評価 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 2 療養生活上必要となる症状評価のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 田中志保, 松本勝, 藪中幸一. 3_便秘の評価 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 2 療養生活上必要となる症状評価のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 藪中幸一, 仲上豪二朗, 真田弘美. 4_褥瘡の評価 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 2 療養生活上必要となる症状評価のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 河本敦夫, 藪中幸一. 2_DVT(深部静脈血栓症)の確認 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 4 病態観察のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 河本敦夫, 藪中幸一. 3_胸水・腹水の確認 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 4 病態観察のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 半田真弓, 藪中幸一, 寺内裕樹. 4_心機能の確認 (役立つ!使える!看護のエコー. Part 4 病態観察のためのエコー). 照林社, 2019.
  • 松本勝, 玉井奈緒, 三浦由佳, 真田弘美. 第1回 エコーを用いた可視化に基づく訪問看護アセスメント, 便秘をアセスメントする. 在宅新療0-100. 2019;4(4):306-8.
  • 大西詠子, 山内正憲, 野村岳志, 真田弘美, 藪中幸一. 第14回最終回「末梢神経ブロックカテーテル確認」に用いるエコー(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるエコーでの診断). エキスパートナース. 2019;35(1):129-36.
2018
  • 田中志保, 松本勝, 藪中幸一. 第8回 エコーで行う「便秘評価」(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるコーでの診断). エキスパートナース. 2018;34(8):105-13.(2018年6月20日発行)
  • 正源寺美穂、吉田美香子.尿失禁マネジメントの実際とチーム医療(特集 尿失禁マネジメントの極意).臨床泌尿器科.72(8):644-647, 2018.
  • 吉田美香子. Part5 病棟看護師の行う排尿自立指導における排尿ケア 骨盤底筋訓練.看護技術.64(4):325-328, 2018.
  • 藪中幸一. 創傷診療における超音波検査の有用性. Visual Dermatology. 秀潤社. 17(2):160-165, 2018.
  • 駒形和典, 藪中幸一. 第4回 エコーで行う「経鼻胃管の留置確認」(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるコーでの診断). エキスパートナース. 34(3): 92-98, 2018.
  • 藪中幸一,仲上豪二朗,真田弘美. 第6回 エコーで行う「褥瘡評価」(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるコーでの診断). エキスパートナース. 34(5): 116-124, 2018.
  • 藪中幸一, 松本勝, 真田弘美. 変えなきゃいけない!便秘と下剤, 5. 直腸に“便がある・ない”はエコーで見抜いて介入できる!. エキスパートナース.;34(5): 28-31, 2018.
  • 三浦由佳,吉田美香子,藪中幸一. 第7回 エコーで行う「嚥下観察」(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるコーでの診断). エキスパートナース. 34(7): 116-123, 2018.
  • 吉田美香子. Part5 病棟看護師の行う排尿自立指導における排尿ケア 骨盤底筋訓練.看護技術.64(4):325-328, 2018.
  • 吉田美香子,真田弘美.排尿自立指導の現状と展望(特集 排尿自立指導に向けた排尿管理).泌尿器Care&Cure Uro-Lo.2017;22(6):698-702.
  • 吉田美香子. Part5 病棟看護師の行う排尿自立指導における排尿ケア 骨盤底筋訓練.看護技術.64(4):325-328, 2018.
2017
  • 松本勝, 吉田美香子, 藪中幸一. 第2回 エコーで行う「排尿管理」(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるコーでの診断). エキスパートナース. 34(1): 142-149, 2017
  • 藪中幸一. 連載にあたって②なぜ今,エコーに注目したい?(第1回 変わってきている!看護におけるエコー(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるエコーでの診断)). エキスパートナース.2017;33(15):108-109.
  • 藪中幸一. エコーを使用する際に “これだけは知っておきたい”基礎知識 (第1回 変わってきている!看護におけるエコー(看護ケアにこんなに!役立つ 新連載 ナースができるエコーでの診断)). エキスパートナース.2017;33(15):110-117.

その他

2019
  • 松本勝. 五感を超えた第6のフィジカルアセスメント-画像による評価を加えることでより安全で確実なケアの提供を!. 大阪府看護協会会報誌「OSAKA看護だより」. 2019; 135:13.
footer
address
copy